潜楽屋のホームページがリニューアル!

ダイバーとしての一歩目

目次

Part1  器材セッティングの仕方

Part2  おうちで器材の洗い方 

 

器材セッティングの仕方

このページではダイビング器材のセッティング方法を説明します。

ライセンス取得コースでセッティング方法を覚えきれなかった方、

久しぶりにダイビングを予約された方は、ぜひ復習してみてください。

 

正確な器材のセッティング方法を覚えることは海で安心して遊ぶことに繋がりますので、

説明途中に不明点あれば、お気軽にお電話またはメールにてお問い合わせください。

 

タンク編

タンクの向きを確認

シリンダー(タンク)を前に置き、黒いバルブを右側にします。

エアーの確認

黒いバルブを手前にゆっくり回し、エアー(シリンダーの中)をチェックします。

タンクをBCDにセット

BCDをシリンダー(タンク)の向こう側にセットし、タンクベルトをシリンダーにくぐらせます。

(補足)両ヒザを使って締める場合

立てたまま締めづらい方は、両ヒザでシリンダー(タンク)を固定しベルトを締めます。

ベルトでタンクを固定

立てたまま締めづらい方は、両ヒザでシリンダー(タンク)を固定しベルトを締めます。

向きを確認

ベルトを固定した後、BCDの襟元と向きを確認し、バックルの緩みをチェックします。

レギュレータ・残圧計編

左右の確認

レギュレーターを用意し、右にレギュレーター、左に残圧計がくるように持ちます。

ダストキャップの取り外し

ダストキャップ(黒いキャップ)を外します。

ヨークスクリューを緩める

ヨークスクリュー(黒いネジ)を回して緩めます。

取り外し結果

ヨークスクリュー(黒いネジ)を取り外した状態は以下画像の通りです。

タンクにレギュレーターを装着

ヨークスクリューを手前に向けながら、シリンダーにレギュレーターを装着します。

BCDとレギュレータ左側のホースを装着

レギュレーター左側の何も付いていないホースを、BCDの左肩にあるインフレーターホースに装着します。

ホースのまとめ

装着したら、左肩のホースはBCDのマジックテープにまとめます。

最後に

以上で、器材の基本的なセッティングの 完了です。

・あとはエアーを出し、レギュレーターとBCDの最終チェックをします。
・レギュレーターやBCDによってタイプが違うので、使用前に必ず確認してからセッティングを行って下さい。
・細かい部分は割愛していますので、インストラクターに細部確認しながら行って下さい。
・スクールで学んだことを思い出しながら、実践してください。
おうちで器材の洗い方
*最後のまとめ動画を参考にしてみてください

器材の重要性について

水中とは普段私たちが存在しない場所…
器材は水中で普段と同じように過ごすための唯一のツールです
そのツールを正常通り使うために日々のメンテナンスが重要です
器材は買い替えがいらない一生物です
だからこそおうちでも丁寧に洗って保管しましょう!!

ダイビングが終わったら

  1. 海から上がったら器材についた海水を真水で洗い流します
  2. マスク・フィン・スノーケルなどの軽器材はしっかりこすり洗いをします
  3. レギュレーターはホースのこすり洗い・マウスピース内部の洗浄・レバー部の潮ガミなど
  4. BCDも表面のこすり洗い・ファスナー部の潮ガミ・インフレ―タ―ホースの洗浄
  5. その他カメラや水中ライトなども真水で海水を洗い流します
  6. すべて洗い終えたら必ず日陰干しをします

 

 

海で洗った器材をなぜまた家で洗う必要があるの??
少なからず内部に溜まった海水などが残っているため
家で再度洗うことによって潮による器材の傷みを減少させることができる
それを重ねると器材の寿命が5~10年延びると言われています

まとめ動画

学習の最新記事8件